« スペイン内戦に思う | トップページ | はじめました。 »

2007年2月19日 (月)

★アフリカ旅行・チュニジア後編★

毎週日曜は友人の家でお楽しみの「花より男子」の日♪
今日はこれから第3話です〜!

その前にチュニジア旅行後編をお送りします〜

1月19日/6日目

リゾートアイランド、ジェルバ島を朝7時前に出発し
フェリーで本土へ再上陸。
これからはひたすら北上を続けます。

本日のメインはローマ遺跡の残るエル・ジェム。
といっても、この街に残るのは巨大な円形闘技場のみ。
街中にどーんと立っている姿はなかなか壮観であります。

実はチュニジアの観光スポットって、写真代は別で支払うんですよ。
だいたい1ディナールなんですがね。
んで、私はカメラくんがほぼ死亡状態ってこともあり
それをケチって入ったんですが、なかなか保存状態もよく
ステキだったんで1枚パチリ(笑)

P1040760





が…写真代を払わない人って珍しいみたいで、
私服係員みたいな人からかなりマンマーク状態…(^^ゞ
天気もよくてかなり撮影スポットはあったんですがね…断念!
(ちゃんと払え!って声が聞こえてきそうな気が…苦笑)

そしてそこからは一路、最初の宿泊地ポート・エル・カンタウイへ。
初日と同じホテルに宿泊であります。

そしてこのあたりから気付いたのですが、
どうやら私たちのツアーをチュニジアでコーディネートしてる
旅行会社はホテルチェーンを展開しているみたいで、
ほぼそこのホテルに泊まってる!
そんなわけで、3ツ星料金ながら4ツ星ホテルに泊まれてるようです♪
ラッキ〜♪♪

ってことで,本日はおいしーブッフェとともにワインも堪能し
6日目は終了〜。
明日は待ちに待ったカルタゴ遺跡であります♪♪

1月20日/7日目

ガイド&ドライバーのお兄ちゃんたちと
バレンシアからきてた男の子たちとは昨日でお別れ。
今日は1日だけのガイド&ドライバーがくるから7時にロビーで
って前日言われたのに…言われたのに…

来ません!!!(><)

まーーーったく、来る気配はありません!!(><)

日の出前から待ってるのに、もう完全なる朝であります!!

しびれを切らしてフロントから電話連絡してもらっても、
もうちょっと待てが続き、待つこと2時間…。

や…やっと来た〜!!!

ってかもう9時なんですけどぉぉぉぉ!!!
私たちの睡眠時間を返してぇぇぇ!!

手違いを詫びつつも予定の行程をこれからの時間でこなすと言う。
ホントに出来るのかぁぁぁ o(><)o

まーそんなドタバタから始まった7日目…。
本日はさらに北にむかい、首都チュニスを目指します。

チュニスはアフリカ大陸にあるとはいえ、かなり都会。
人口も200万人以上いるチュニジアいちの大都会です。
まずはチュニスの旧市街メディーナへ。
ここは13世紀の姿を今に残してるといわれていて、
世界遺産にも登録されています。

それからちょっと郊外にあるバルドー博物館へ。
ここは「チュニジアのルーブル」と言われており
そのモザイクタイルのコレクションは世界有数なのだとか。
実際いってみると、壁や床一面に展示されるモザイクの数々は
かなり素晴らしかった!!
カルタゴをはじめ、チュニジアに残るローマ遺跡から発掘されて
モザイクが展示されていて、一見の価値があります。
おすすめ〜

そして、その後は私がこのツアーの中で一番楽しみにしていた
カルタゴ遺跡!!!

カルタゴはチュニスの北東約12キロのところにある閑静な高級住宅街。
でも、その歴史は古く、紀元前814年まで遡ります。

当時のフェニキア人の女王によって造られたこの街は、
海上貿易や農業を中心に栄えていきます。
しかし、それに脅威を覚えたのがローマ帝国。
紀元前264年の第1次ポエ二戦争にはじまり、合計3回の戦争により
カルタゴの街は徹底的に破壊されます。
最終的には全てを焼き尽くしたあと、廃墟に塩がまかれて
人も住めず、作物もできないようにしたとか…。

しかしその後、ローマの都市計画にそって植民地として復興。
再び黄金時代を取り戻し、2世紀にはローマ帝国第3の都市にまでなったとか。
が、その後のアラブ人の侵入などでまたまた廃墟と化したカルダゴは
近年まで顧みられることなく忘れ去られたのでした。

まーそんな歴史をもつカルタゴですが、現在は
各国の大使館や首相官邸などの豪邸が立ち並ぶかなりの高級住宅街。
そんな中にローマ時代の遺跡が点在してます。
イタリアのローマと違ってそんなに大きな遺跡が残っている
わけではないんだけど、雰囲気としては似てるかな〜?
現在の建物の間にひょっこりと残っている遺跡、みたいな…

でも、すごいおもしろいのは、発掘されているローマ遺跡の下に
フェニキアの遺跡があること。
だから2重で遺跡が見れたりするんですね。
いま立っている現代の家の下にはローマ遺跡があって、
その下にはさらにその前の時代の遺跡があるわけですよ。
いまから2000年以上昔の人たちが生活していた場所で暮らしているって
なんか不思議な感覚ですよね〜
そーやって時代は積み重なっていくんだなーって。

そのカルタゴ遺跡のなかの一番の見どころが、
この「アントニヌスの共同浴場」。
地中海を背景に建てられた巨大な公衆浴場跡です。
真っ青な空と海を目の前に見える遺跡はサイコーー!!!
私のあこがれの『海遺跡』であります。

P1040766

こんなかんじ。



P1040778

これ、ちょっと「ラピュタ」っぽくない?(笑)





そんなわけでかなり興奮しながらカルタゴをまわったあとは
地中海を見下ろす丘の上に立つ街シディ・ブ・サイド。
ここは街並保存地区に指定されていて、
すべての家は白い壁、青い窓、扉と決まっています。

P1040808

こんな光景が街中のいたるところに。





P1040811

一部はお土産やさんになってます。







「海の青、空の青、チュニジア扉の青」
っていわれてるくらい、チュニジアの家の扉の青はキレイ。
ここだけじゃなくて、チュニジアは全国的に扉に凝っていて
ほとんどの家の扉にはかわいい模様が描かれています。
(青が多いけど、もちろん青以外の色もある)

P1040837

こんなかんじ。





結構この街って、日本人がもつチュニジアのイメージの街じゃないかな〜
って思ったり。
青い空、白い家、青い扉…
いやーーー朝はどうなるかと思ってたけど、来られて本当によかったぁぁ!!

そんなわけでかなり充実した一日はすぎていったのでした!
ちなみに本日のホテルは例の系列の5ツ星ホテル!!
最後にちょー豪華ホテルに泊まれたのでした♪♪

1月21日/8日目

さて。本当は前日でツアーの全行程は終了なのですが
本日のマドリ行きの飛行機が夕方発のため、
チュニジア最大規模のローマ遺跡が残るドッガの街に行くことに。
ここは、交通の便が悪くて個人で日帰りでいくのがちょっと困難そう
だったので、ツーリストタクシーで行ってきました〜。

ドッガはチュニスの南東方面の内陸に位置し、
4世紀頃のローマ時代に繁栄した街。
現在は、畑や森に囲まれたのどかな山奥に残る大遺跡群ってかんじです。
見渡す限りの緑の中に点在する遺跡は、前日のカルタゴとは対照的な『山遺跡』。

朝7時に出発し、遺跡に着いたのは9時。
前日に引き続きの晴天で、雲ひとつない青空。
緑の平原と青い空と遺跡ってのは、本当に感動もんです。
ここはへんぴな場所にあるゆえ、なかなかツアーにも組み込まれない場所。
こんなステキな場所なのに本当にもったいない!!

現在も使われるという劇場や円柱の残る神殿、
凱旋門や市場などのあった広場、ローマ人の住宅跡など
かなーりいいかんじに残っております。
しかも、その遺跡の中にざくざく入れるからすごい!!
たぶん昔の人が歩いていただろう道を歩いて家に入り、
隣の家にぬけて、ジャンプして下の道におりて…みたいな。
修復工事はしているものの、立ち入り禁止の場所なんて全くないし
そーんなこと、ふつうは世界遺産の遺跡じゃできないよなーー(><)
でも、もしかしたら数年後は入ったりできなくなってるかもしれないし
本当にいま来られてよかった〜!!

そして広大な遺跡を3時間かけて歩きつくした私たち。
いやー最終日に時間があって本当に本当によかった!!
カメラくんもなんとか持ちこたえてくれ、昨日、今日で
200枚以上の写真を撮りました〜 (^∀^)v

ということで写真をいくつかアップ。

P1040845

劇場。朝の日差しが美しい!



P1040858

ドッガのシンボル、キャピトル。



P1040888

こんなモザイクが残ってます。





P1040915

ローマ人の住宅跡。



P1040907

神殿の柱。



ちなみに、今回まわったローマ遺跡はすべて世界遺産に登録されています。
いやーーチュニジアの世界遺産、だいぶ見て回ったな〜♪

その後はホテルに戻り、空港に直行。
チュニス→マドリと飛行機に乗り,その晩の夜行バスで
グラナダに戻ったのでありました。

これにて私のアフリカ旅行は終了であります〜
長い間おつきあいありがとうございました☆


総括
チュニジアはアフリカいちの観光国家ということもあり、
かなり見どころが満載。
ローマ時代やイスラム時代の遺跡から、ベルベル人の住居、砂漠、
そして地中海に面したビーチリゾートと、多彩な見どころが魅力であります。
まーほぼ車で巡っててほとんど現地の人と接触してないってのもあるけど
全然危険なことはなかったし!
一度訪れる価値はあるかな〜と思いまする♪

ちなみにモロッコと違った点は 
「ナカタ!!」
と声をかけられることが多かったこと(笑)
さすが2002年ワールドカップの対戦国だっただけはあるね(笑)

ってかやっぱり外国人にとって日本人のサッカー選手っていったら
中田なのかな〜
頑張れ!!現役選手!!!

|

« スペイン内戦に思う | トップページ | はじめました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★アフリカ旅行・チュニジア後編★:

« スペイン内戦に思う | トップページ | はじめました。 »